切れ味が落ちた包丁を新品同様にするための裏ワザ

お気に入りの包丁を使い続ける

長く使うために必要なお手入れ

包丁は、専門的に研いでくれる業者が存在します。 しかし毎日使うものなので切れ味が落ちるペースも早く、そのたびに業者に依頼していたら高い費用が発生します。 経済的な方法ではありませんが、自分で研ぐことで費用を削減できます。 砥石を用意して、正しい包丁の研ぎ方を調べましょう。

シャープナーを使ってみよう

もっと手軽に包丁を研げるようにしたい人は、シャープナーを購入してください。 それも包丁を研ぐための道具で、砥石のように複雑な工程が必要ありません。 シャープナーに数回包丁をこすりつけるだけで良いので、時間も短くて済みます。 いつでも研げるように、準備しておきましょう。

本格的に研ぐために

基本的な方法は、砥石を使って研ぐ方法です。
包丁の種類によって使用すると砥石が変わりますが、家庭で使っている包丁だったら中砥石があれば良いと思います。
他の砥石を持っていても使う機会は訪れないので、最初から買わなくても良いでしょう。
包丁を滑らせて、研いでいきます。
滑りが良い方が研ぎやすいので、砥石を水に浸けてから作業を行ってください。
狭い範囲から少しずつ研ぐのが、正しい方法です。
面倒だからと広い範囲を一気に研ごうと思ってもうまくいきませんし、逆に包丁が傷ついてしまいます。

シャープナーという道具を、購入するのも良い方法です。
包丁の刃をシャープナーにこすりつけるだけで、切れ味が復活するので非常に便利なアイテムだと言われています。
雑貨屋さんに行くと購入できますし、砥石のように大きくも重くもない面がメリットです。
コンパクトなので、収納しやすいでしょう。
戸棚の中に入れておけば、包丁の切れ味が悪くなった時にすぐ使えます。

お茶碗の裏やアルミホイルでも、包丁を研げるので何もない場合は活用してください。
お茶碗を裏返しにして、砥石で研ぐ時のように包丁を滑らせてください。
数回繰り返すと、切れ味が復活します、
研いだ後の包丁は、水で綺麗に洗ってください。
目に見えないゴミが付着しているので、そのまま食材を切るのは衛生的に良くありません。
アルミホイルは、3回折りたたんで包丁で切るだけです。
どこの家庭にもあるでしょうから、いざという時に使いましょう。

自宅にあるものを活用する

急に包丁の切れ味が悪くなって、砥石もシャープナーも自宅にないという場合が考えられます。 それでも自宅にあるものを活用することで、包丁を研げるので安心してください。 主に使われているのはお茶碗や、アルミホイルです。 どちらかは、どこの自宅でもあるでしょう。

TOPへ戻る