お気に入りの包丁を使い続ける

>

シャープナーを使ってみよう

雑貨屋で購入できる

キッチン用品を扱っている雑貨屋に行くと、シャープナーという商品が見つかると思います。
それも砥石と同じよう、包丁の切れ味を復活させるために使える道具なので購入してください。
簡単に研げるので、砥石でうまく研げるか心配な人におすすめです。
また安全性も、シャープナーの方が高いと言われています。

砥石は失敗すると、自分の手を切ってしまう可能性があります。
危険性が高いので、慣れていない人はシャープナーを使ってください。
仕上げがついているシャープナーも見られます。
包丁を研いだ後に仕上げの面でこすることで、もっと切れ味が良くなります。
切れ味が悪くなったと思ったら、放置しないですぐにシャープナーを使ってください。

コンパクトというメリット

砥石は重いので、取り出すだけでも苦労するかもしれません。
しかしシャープナーだったら非常にコンパクトなので、手間が掛かりません。
キッチンの棚にも、収納できる面がメリットですね。
すると切れ味が悪くなったと感じた時に、すぐ取り出してシャープナーを使用できます。
また価格も砥石より安いので、購入しやすいでしょう。

見た目がかわいらしいデザインのシャープナーもあるので、それならキッチンに出したままにしていても見栄えが悪くありません。
オシャレなインテリアのように、見えるかもしれませんね。
ただ使い続けていると、シャープナーのやすりの面が滑らかになってしまいます。
包丁をうまく研げないので、シャープナーを買い替えてください。


TOPへ戻る