お気に入りの包丁を使い続ける

>

自宅にあるものを活用する

お茶碗の裏を使う

普段から使っているお茶碗で、包丁を研ぐことができます。
裏返しにして、包丁の刃をこすりつけてください。
砥石で研ぐ時と同じように、包丁の刃に手を添えてゆっくり動かすと良いですね。
奥に動かす時は、少しだけ力を入れてください、戻す時は、力を抜きましょう。
ただしこれは、磁器のお茶碗で使える方法です。

プラスチックなど異なる素材が使われている場合は、使用できないので注意してください。
逆にいうと磁器で作られている食器だったら、何でも使用できます。
しかし平らなお皿では研ぎにくいので、お茶椀ぐらいの高さがちょうど良いと言われています。
包丁を研ぐと、次第にお茶碗が傷つくかもしれません。
そのためお気に入りのお茶碗では、行わないでください。

アルミホイルを活用

どこの自宅でも、アルミホイルを常備しているでしょう。
様々な場面で使用できますが、包丁を研ぐ時にも使えるので覚えておきましょう。
砥石やシャープナーがなくて困った時は、アルミホイルを出して3回ほど折りたたんでください。
折りたたんだものを横にして、包丁で切っていくだけです。

すると切れ味が復活しますし、面倒な手間が掛かりません。
使い終わったアルミホイルは、すみやかに処分してください。
このように何もない時でも包丁を研ぐ裏ワザがあるので、覚えておきましょう。
アルミホイルは安いですし、お店でも安売りされていることが多いです。
いつ必要になるかわからないので、いざという時のためにストックをいくつか買っておくと良いですね。


TOPへ戻る